TEP茨城県次世代技術活用ビジネスイノベーション創出事業(事業統括業務・ビジネスプラン構築等支援業務)

2019年度より3カ年事業として運営されている、茨城県次世代技術活用ビジネスイノベーション創出事業において、事業統括業務およびビジネスプラン構築等支援業務を、代表の後藤が理事を務めるTXアントレプレナーパートナーズ(TEP)が受託しています。
この中で後藤は、同事業の企画提案、各関係者との協議調整、並びに全体のプロジェクトマネジメントの役割を担っています。スタートアップや小規模事業者の皆さまのビジネス加速に向け、TEPメンターの力を活用し最大限の効果が得られるよう、プログラムを構築・推進しています。

UWhp_202012-04_3